協調性の強いアメリカでの留学がキャリアアップに導く

留学中、クラスメイト同士で一緒に勉強しようという声をかけ合うことが多いと思います。しかし、それは仲の良い友人同士だから一緒に勉強しようという日本のスタイルではなく、クラスの分からないところ、テスト対策などお互いに助け合って、1人で分からない問題に悩むのではなく、みんなで考えようということなのです。日本の受験勉強や資格試験の勉強をコツコツとこなしてきた日本の学生にとって、みんなで勉強することの大切さが、最初は無駄な時間に思えるかもしれません。それでもできるだけ参加してみてください。

最初はみんなで話しているだけであまり頭に入らなかったなと思うこともあるでしょう。しかし、何度かクラスメイトと勉強してみると分かってくると思いますが、自分が聞き漏らした授業中の大事なこと、テスト対策など、クラスメイトと一緒に勉強することで自分が見落としていたことがあることに気がつくと思います。

また授業以外の勉強だけでなく、アメリカの授業スタイルは先生が黒板に書いたり、一方的に講義をしたりというものだけではなく、グループで意見をまとめたり、1つの実験に取り組んだりという共同作業が多くなってきます。グループ作業の場合、仕上げるレポートはグループで1つですが、内容はグループ全員の成果によってレポートが完成します。

またクラスにはアメリカ人や私たち日本人以外の留学生もいます。もちろん英語圏からの留学生とは限らず、私たちのように英語が苦手な学生もいます。しかし、クラスメイトということでお互いが協力し合い、テスト勉強やグループ作業で課題の取り組みなどの機会があることでしょう。アメリカ人と協力するだけでなく、他の国からの留学生と協力をしながら作業をするというのは日本で学校生活を送っているだけでは経験できないことです。この貴重な経験が将来、必ず役に立つはずです。

オーストラリア留学についてはこちらをご覧ください。