アメリカ留学に行く際に気を付けないといけないこと

アメリカヘ行くのが初めてであり、それが初めての海外であるならなおさらのこと、アメリカは銃社会であることを忘れてはいけません。正規の方法で買うならば、しっかりとした登録も必要でしょうが、違法な売買で出回っているものも多くあります。また日用品を扱う大型店では、留学生である私たちも普通に目にすることができる猟銃が当たり前のように売られています。そして、ある州では、家を持っている人の40%以上が銃を所持しているとのデータもあります。

留学生活の最終ゴールは、アメリカで学んだことを日本に帰ってどのように役立てるかです。元気な姿で帰国しなければ、留学生活のゴールを迎えることが出来ません。そのためにも、祝日や夜中に友人たちと一緒に出かけることも楽しみの1つではありますが、人が多く集まる騒動となりやすい場所にはできるだけ行かない、行ったとしても羽目を外しすぎない、犯罪に巻き込まれそうな場所には絶対立ち寄らない、日頃から、地元や校内のニュースをチェックし危険な場所を知っておくなど、心得ておかなければ行けないことがいくつもあります。

「安全はお金で買え」とよく海外の情報で言われるフレーズがありますが、アメリカは大抵の場所で、このフレーズは正しいと認識した方が危険を回避できます。安いアパート、安いホテル、安いバーなど、近寄らなくても済む危険な場所に行かない、夜間の行動もできることなら避けるなど、自分が注意していても危険な目に遭ってしまうこともあるので、わざわざ自分から危険な目に遭う機会を増やさないようにしましょう。海外では、自分の身は自分で守るのが基本です!