アメリカ留学で日本の学校との違いを感じよう

テキストやネイティブスピーカーから学んだ英語で、英語が使えるようになるでしょうか。英語を使うには、実際に英語圏の人と会話をし文化交流をしながら、お互いが理解し合って初めて英語を使ったということになるのではないでしょうか。そしてそのためには、英語圏の国であるアメリカで勉強をすることでアメリカの文化に触れ、アメリカ人と会話をし、自分の考えを伝えることが本当の英語の勉強だと言えるでしょう。

英語を勉強するために、アメリカ留学をしたいという考えは、アメリカの学校で学習する目的としては初期段階です。なぜならば、英語がわからなければ、授業についていくのも大変ですし、友人との会話も成り立ちません。そのため、アメリカ留学で英語を理解するのは、生活面、学習面において最低条件であり、アメリカに来た時点で、英語の勉強が始まっているのです。

学校では、さらにその英語を使えるように、次の目標を明確にし、それに向かって取り組んでいくことが大切です。そうすれば、帰国してからの自分が、留学前の自分の何倍も何十倍も自信に満ちあふれている存在となるに違いありません。また、楽しい留学生活ばかりではなく、文化の違いや言葉の違いで大変なこともあるかもしれません。しかし、留学中の日々の目標、最終ゴールがはっきりしていれば、乗り越えようと頑張れるはずです。

留学せずに日本だけで学生生活を終える人が多い中で、アメリカに留学できるチャンスに恵まれたのであれば。日本の学校では出来ない経験をたくさんして、厳しい環境の中で自分を成長させ、アメリカ留学は大成功だったと言える日のために、充実したアメリカで留学生活を送りましょう。