憧れのアメリカ留学で夢を叶えよう

アメリカの学校に描いているイメージはどのようなものでしょうか。広いキャンパス内の図書室や教室でクラスメイト達と一緒に勉強している自分の姿ですか。それともお昼休みに、仲の良い友達と楽しくランチをしている時間でしょうか。それらは、どちらもアメリカの学校生活です。

日本の学生にありがちな学校を欠席して、アルバイトに一生懸命になってしまったり、授業中も友達のおしゃべりに夢中になってしまったりという時間は全くないと言っていいほど、留学生活は学習に集中することでしょう。もちろん、最初は英語の理解が難しく、戸惑うことも多いと思います。しかし、だんだんと自分の英語力に自信が持て留学生活にも慣れてくると、アメリカに留学して自分の夢を叶えているのだ、夢に近づいているのだと実感してくると学習にさらに集中できるのです。

しかし、たまの息抜きはもちろん大切ですしそこから新たな友情にも恵まれ、さらに留学生活が充実したものになるに違いありません。 日本では経験できない充実した学校生活、留学生として頑張った学習の成果、充実した国際交流、また頼れる家族が近くにいない自立した環境などで、自分自信をさらに成長させることができるのが留学です。そして、それが憧れていたアメリカでの留学生活だと思います。

留学を終えて帰国する頃には、きっと出発前には考えられなかったほど自分に自信が持て、留学後の生活や考え方は、常に留学中の経験を生かしたいと考え、さらに大きな夢を思い描けるに違いありません。