アメリカ留学での出会い体験が世界への価値観を変える

留学生活では、日本にいたら考えもしなかったことや質問される機会が無かったことなど、外国の人たちが日本のどういうことに興味を持っているのか、彼らの母国についてはどう考えているのかなど、日本では知ることが出来なかったことを知ることが出来ます。そして、彼らからの質問で、自分がいかに日本のことを知らないのかと感じれば日本のことをさらに勉強して、彼らにとっての日本人は自分なのだということを自覚し日本の代表として、日本のことを伝える必要性を感じることと思います。

日本車、電化製品、お寿司も有名、そして最近では日本のアニメも有名だと聞いたと考えながらアメリカに来たら、日本では知っている人が少ない様な質問をされることもあると思います。例えばアニメ好きでも、歴史アニメが大好きな学生であれば日本の歴史とアジア諸国の繋がりのことなど聞かれると思います。日本のことは把握していてもアジア諸国全般となると、歴史が好きでなければなかなか答えられない様な質問も多く投げかけられて、ドキッとすることもあるでしょう。

アメリカに来て、英語を学んで国際交流をと考える留学生が多いですが、一歩、日本を離れれば、あなたが日本の代表なのです。英語を理解するのは国際交流の手段となるだけで、本当の国際交流は、相手の国、自分の国のことを理解し合うことなのです。日本人や日本に対しては比較的好印象を持っている人が多いとは思いますが、必ずしも、良い印象ばかりではありません。

その場合は、どうして日本に対して悪い印象を持っているのかを理解することで、相手の国の背景、日本との歴史上の問題などを日本の学習では知り得なかったことなども学べると思います。日本に対して良くない印象を持っている人と話し、友人として、お互いが理解し合えたらそこに小さな国際平和が生まれるのです。

イギリス留学の情報はこちらにまとめました。